相続税の節税対策なら専門税理士・弁護士に無料相談!B

MENU

相続税の節税対策に強い税理士や弁護士と無料相談が出来ます

相続税無料相談

相続税の節税対策で相続税を出来るだけ食い止めたいということは全員がいろいろ考えていることで、相談が多分にあるのですが、思いもかけないベイシックな事しか把握してないことが数多くよせられているのが現状です。

 

そうしてことで、相続税の節税に関したスタンダードな部分を解りやすく整理してみましたので、それを参考に見てみてください。相続税の節税対策をプランするには、言うまでもないですが財産を無くせばいいのですが、それではやる意味が無くなります。

 

そのため、相続税の場合の節税対策では、課税の部分になる資産や財産を縮小したり、法律上認可されている贈与税が不要の領域で上手く役立てて、相続する財産に向けた課税対象の額を減額することが基本的なのです。

 

生前贈与で相続税を節税

 

で相続税を極力減額するためのアドバイスとして、一番に重要なシステムとなるのが生前贈与です。生前贈与とは、生前に資産を相続人に贈り与えるシステムです。

 

生前贈与には、普通贈与税が責務なのですが、生前贈与には引き下げられる控除のシステムが活用できるので、こうした制度を使えば節税ができるのです。

 

もしも、システムを上手く充てれば、贈与が年間110万円までなら、課税にはなりません。もしも110万円を超えても200万円以下であれば税率は10%です。ですので、子供が4人いれば、年間で440万円まで自己の財産を子供に税金を課せられることなくプレゼントが不可能ではなくなります。

 

教育資金で節税

 

で子や孫に親から教育資金を贈与する折は、非課税になるのは1500万円までです。ここでいう教育資金には、学習塾や授業料、給食費や修学旅行費などが全て含まれます。

 

配偶者に対する不動産贈与

 

配偶者への相続税の基礎控除は、規定により定められている相続分か1億6000万円未満のどちらかまで相続税はかかりません。そして、結婚から20年以上経つ夫婦では、配偶者に土地や家などを贈与した場合、基礎控除の額が2000万円使えます。

 

生命保険の使用で節税

 

相続税無料相談

こちらも良く相談があるのですが、生命保険なども相続税の節税には、相続税の節税に発揮することができます。

 

その生命保険料分の現金で贈与を続け、父である相続する財産の元の所有者が亡くなった場合、子に生命保険の死亡保険金が支払われる保険契約に設定すれば、

 

子はこの保険金を相続税対象ではなく、所得以外の一時的な所得「一時所得」の所得税対象になり収得するため相続税の節税の効果がでます。

 

一時所得は、稼ぎから経費を引いて、なお、50万円の基礎控除があります。それだけでなく、その金額を半分にした額が課税対象になるので、かなり多額の節税になるのです。

 

不動産の活用で節税

 

の相続税の節税対策でかなり重要なことは、不動産を活用する節税です。現金や金融機関の預貯金等と違い、不動産は鑑定した評価額を決定し相続税を計算しますので、この評価の経過で節税が可能なのです。

 

不動産の評価額は、相場よりも約3割から4割程度減った状態で鑑定されます。そのうえ、家の購入時の控除に加えて、改装した場合でも控除が得られるため、かなり大きな節税効果があるのです。仮に、相続税のことでちょっとでもわからないことがあれば、税理士に気軽に尋ねてみましょう

 

税理士や弁護士に相談すべきことを事前にチェックする

 

相続税無料相談

税理士に相談をするべきこと 創業して事業を開始するとなると、お役所などといろいろと付き合うことが多くなります。

 

中でも税務署との付き合い方について、大きな不安を感じている経営者も沢山いるのではないかと思います。

 

そんなとき、頼りになるのが税金の専門家の税理士です。中小企業の経営者がどんなときに税理士に相談するとよいのか、説明していきます。

 

税理士の主要な仕事

 

・税理士とは、税理士法という法律に定めのある国家資格となります。税金に関係のある事務的な業務を請け負って行っています。

 

・主たる仕事は、税金の申告や申請の代理の業務、税務手続きに関係する書類や作成と税務の相談、さらには、税の不服審査手続き、税務調査の立会い、などがあります。

 

・税理士が行政書士にも登録をすると行政書士が行なうような業務もできるようになりますし、加えて「租税債務の確定に必要な事務」の範囲内でのものであれば社会保険労務士が行う業務にも携わることができます。

 

起業の際に支援してもらいましょう・起業前 起業前には事業計画書を作成しなければいけないので適切なアドバイスを受ける事が大切です。

 

まずもって自分の会社をどうするか、個人事業として始め、後に会社にしていくのがよいのか、そして株式会社にするのかそれとも合同会社にするのかなどを相談できます。

 

また、起業するために必要な費用や、節税のための役員報酬の適正な金額はどれ程なのかなどは重要なことですので、必ず相談しましょう。

 

仮に業務や形態が要件に合うなら国や地方自治体から補助金や助成金が給付される可能性もありますが、その制度を利用することができる状況にあるのかどうかも判断して、その申請における必要な書類もきちんと作成してくれます。

 

相続税無料相談

 

会社設立する折

 

は、できるなら行政書士としても登録のある税理士を探して相談することにしましょう。

 

そうすると、定款の作成することや公証人役場での認証手続きについても一緒にしてもらえるからです。

 

・起業の初期段階 事業が徐々に起動に乗ってきたなら、経費に関することについても考えなくてはなりません。経費に関しては細かなきまりがあるため、「どのような内容でどのくらいまで経費の対象になるか」などについて、簡単に判断できないこともあるでしょう。

 

経費で落とせるのはどれ程の金額なのかを税理士に聞いておくことをお勧めします。そして、役員の報酬の金額によって、どの位の税金となり利益が変わるのか計算して節税対策の提案をしてくれるでしょう。

 

起業してからも税理士を活用

 

・資産導入資産にも細かなルールがあります。導入する資産により“耐用年数”や“減価償却”の方法が異なりますので、判断するのが難しいときは相談することです。

 

資産によっては期限付きの特例処置が適用される場合も多いですので、資産を導入する予定の時は事前に相談することが大切でしょう。

 

・決算時について 税理士は、決算書や税務申告書を作成してくれるでしょう。この頃はパソコンの経理ソフトの使い方を覚えて自分で処理したいと思う経営者もいるようですが、やはり難しくて自分でできないと感じたら税理士に依頼するのが賢明でしょう。

 

毎日の帳簿は都度自分で記入しておき、決算書と税務申告書についてだけは税理士に頼む人もいます。 

 

・税理士の人たちは経理の分野でのエキスパートだといえます。長い間営業の仕事をしてきたり技術は得意でも経理のことはサッパリだという経営者は、特別なことがなくても普段から経理の処理についてどのようにしたら効率化できるのかを税理士に相談するのがいいでしょう。

 

相続税対策に関する相談 中小企業などの法人だけではなく、一個人であっても税理士に相談するなら良いことがあります。サラリーマンなど給与所得者が会社からもらう所得以外に収入がある時の確定申告もそうですし、重要な関係があるのは、相続税です。

 

相続なら弁護士に相談と思うかもしれませんが、相続税の節税を考えると税理士は沢山の参考になる知識をもっているので意外な節税対策の方法が発見することができるはずなので相談してみましょう。