相相続税の節税対策なら専門税理士・弁護士に無料相談!B

MENU

税理士費用や料金の相場と平均は?

税理士費用の料金相場 個人経営者や小規模業者が確定申告や節税をしたい時など、税理士による要請を思い起こす場面もございます。だがしかし、いくらぐらいの費用、税理士に払うのか、知っている人は意外と少ないのです。とても気になる税理士費用の料金相場をアドバイスします。
税理士費用はエリヤやオフィスによって違う・税理士の費用は、エリヤやその事務所の経営の考え方などによって異なってきます。それで、様々な方向から税理士事務所の件を、1000万円以下の金額に対する個人経営者の金額で見比べてみました。
・愛知県の某税理士事務所月額顧問料 1万円(3ヶ月に1回の来社)収支決算料 6万円記帳代行記載なしの場合は1年間18万円・東京都中野区のとある税理士事務所ひと月当たりの顧問料 2万円(3ヶ月に1回の来訪)期末の決算料 10万円記帳代理記載無の際は年間34万円
・熊本県の某税理士事務所月額顧問料 ひと月当たり2万円収支決算料 8万円記帳代行記載なしの場合は1年間32万円・神奈川県横浜市のとある税理士事務所月額のアドバイザー料 2万円(2ヶ月に1回の訪問)期末の決算料 10万円記帳代理記載無の際は年間34万円
アドバイザー契約をしたほうがいいか?・ご覧のように、その事業所により料金の違いがあります。これはwebで検索した場合なので、それぞれ税理士事務所も他と比べるために低めの料金設定にしています。よそからの紹介や自分で勘で打診した時などは、極めて割高な価格の料金設定になる可能性もあります。
・納税負担を軽減する事や経営状態をますますよくするために、税理士に頼るのに、税理士を頼んだために料金が巨額で経営を圧迫しては逆です。顧問契約するほど事業に十分なゆとりが無い小規模業者もあるでしょう。
・納税負担を軽減するにしてもそれなりの営業利益をあげなければ、税理士に節税対策を練り上げてもらう意味もありませんし、赤字の場合は税負担軽減以前の問題です。けれども、経理や確定申告、年末調整がまったく理解してないのであれば、納得いく税理士に委ねるしかありません。
理想の税理士を見つけよう・自社の経営にあった税理士を探求するのがよろしいでしょう。気軽に相談しやすく、手厚い対応をしてくれる税理士を調べるのが重要ポイントです。自分の会社の業種カテゴリーにまつわる経験や指導が準備されている税理士もいいでしょう。
税理士だけでなく経験豊富に上手く使えて、経営相談に取り組んでくれる人も信頼できる味方になります。至って、クリアーな価格の料金体系の事務所をチョイスしましょう。
・悩んだ時には、税理士を紹介するシステムの会社があります。税理士を紹介する会社は数多くの税理士が登録していて、一つ一つ自分の会社の経営に最も適した税理士を紹介し実施する会社です。紹介料がいらない所も沢山あるので、ひとつ相談してみるのもいいと考えられます。